エストロゲンとプロゲステロン

バストを育てるためにはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが大きく影響を及ぼしていることが分かっています。
バストアップサプリにはそのホルモンに似た作用をする成分が配合されているのですが、具体的にどんな成分なのでしょう。
ci7
<エストロゲンに似た作用の成分>
あまり聞いたことがない呼称の成分ですが、「プエラリア」・「ブラックコホシュ」・「ボロン」などです。

これらはエストロゲンと似た作用をする成分で、これらを含むサプリを摂取する場合は月経がはじまってから排卵までの卵胞期が効果が高いとされています。
卵胞期はエストロゲンの分泌が活発になり、心身ともにコンディションが最もよくなる時期だと言われています。

<プロゲステロンに似た作用の成分>
「ワイルドヤム」・「チェストベリー」・「フェヌグリーク」というのがプロゲステロンと似た働きをする成分です。

これらの成分を配合したサプリは、排卵後の月経が始まるまでの黄体期に摂取すると効果があるとされています。この時期はプロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌される時期なんです。

しかし、ワイルドヤムとチェストベリーにはアダプトゲン作用というホルモン調整機能があり、ホルモンの分泌が不足している時には分泌を促し、逆に過剰に分泌されているときにはそれを抑制するという優れた成分です。

なので、この2つの成分のサプリなら黄体期に限らずいつでも摂取可能ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>